新たな資金調達手段としてサイトM&Aが注目を集めています。しかし、サイトM&Aについて、よく分からないという人も多いのではないでしょうか?この記事ではサイトの売り手側から見た、サイトM&Aのメリット・デメリットについて紹介します。

売り手側から見たサイトM&Aのメリット

「サイトを売った結果、まとまったお金を手に入れることができる」など、サイトの売り手側は多くのメリットを手に入れることができます。ここでは、売り手側から見たサイトM&Aのメリットについて、3つのメリットを紹介します。

売り手はまとまったお金を手に入れることができる

売り手は特定のサイトの運営に集中できる

売り手は人脈を広げることができる

共同事業が可能になる

サイトM&Aはインターネットのホームページや検索サイトなどを売買することですよね。それを応用すれば売り手は、買い手における同業者や異業種を巻き込んで、効率的にインターネットツールを盛り上げることができるのです。売るだけでなく、一緒に参画させることで顧客を増やしたり、広告掲載を増やすことでより効果的なツールに仕上がるのです。M&Aなのでいろいろな法規や契約など難易度の高い交渉などをしなければなりません。その過程においてビジネスパートナーとしての信頼が広がり、インターネット関連だけでなくほかの領域での協業などが創出されるのです。買い手の口コミからこのようなチャンスがさらに広がる可能性もあるのです。

仕事上でいろいろな人たちとつながる

サイトM&Aは、買い手が決まるまでいろいろな障害があります。サイトをどのように販売するかの契約書や特許性のあるものがあればライセンス費用が発生したりします。かなりの専門性が高いため、正しく交渉をしなければ取引成立後に不利益を買い手に与えたり、告訴による裁判に発展することを避けなければなりません。そのため、弁護士や弁理士などを通じて行います。これらのビジネスパートナーは今後の事業運営にも応用することができ、トラブルや特許侵害などに対応できるのです。また、コンペ形式で高い費用を出した買い手がサイトの獲得権利を得ます。漏れた買い手とも別のサイトの販売の提案や事業における新しい顧客として創出できる可能性がありますよ。

売り手側から見たサイトM&Aのデメリット

その一方で、サイトM&Aにはデメリットもあります。サイトを手放すことにより、今まで安定的に得てきた収益がなくなるのも、デメリットの一つです。ここでは、サイトM&Aで発生する売り手側のデメリットについて紹介します。

売り手は継続的な収益がなくなる

インターネットが普及する前には、不労所得を得る方法というのはある程度限られていたところがあります。また、たくさんの資産や土地があるような人以外が不労所得を得る事も難しいところがあったものの、インタ…

売り手はサイトの引継ぎに時間がかかる

管理しているウェブサイトを売却する場合、新たな管理者に引き継ぎにするためにはそれなりの時間がかかります。具体的にどういったものの引き継ぎがどれぐらいかかるのでしょうか。まず、面倒なのがサイトととも…

売り手は競売禁止事項で似たようなサイトを作ることができない

個人間でやりとりをするのではなく、サイトM&A仲介サービスを利用して売買を行う場合、売り手側は競売禁止事項(競業禁止条項)なるものにサインする事になります。こちらは、簡単に言うと売却したあとに同じ…

サイトM&Aのメリットはこれ

サイトM&Aは人気のあるホームページを買い取ることで速やかに宣伝効果などを発揮します。ゼロから作るよりも手間がかかりません。