売り手は継続的な収益がなくなる

サイト経営をしていると安定的に収益・不労所得を得られる


インターネットが普及する前には、不労所得を得る方法というのはある程度限られていたところがあります。また、たくさんの資産や土地があるような人以外が不労所得を得る事も難しいところがあったものの、インターネットの普及により誰でも不労所得が稼ぎやすくなってきました。例えば、ネット証券会社が続々誕生して誰でも気軽に株や投資信託商品を購入できるようになって多額の不労所得を得ている人が数多く存在します。ただし、投資絡みの不労所得とは決して安定して稼げるものではありません。また、銀行口座に多額の預金をしても貰える利息は少額です。そんな中、サイト経営に関しては、人気が出てくればクリック保証型広告や成果報酬型広告を貼る事で継続的に安定的な不労所得・収益をあげられます。

サイトを手放すとどうなるか


収入が安定している公務員と比べ、会社員や自営業者とは収入が不安定なところがあります。ただ、公務員とは違って副業(アルバイト)が禁じられておらず、一部企業等を除いてネット上でちょっとした副業をしていても特に問題になりません。そんな中、会社が潰れた時・不調の時などに備えて得意分野に関するサイトを開設して広告を掲載し、安定的な収入を得ている人がたくさんいます。しかし、売却してしまったら継続的な収益がなくなり、会社の業績が不安定な時期や個人事業が上手くいかない時にパニックに陥るようなリスクもあります。そのため、10年・20年分の広告費に相当する莫大な見積もり額が出てきた場合は特に売っても問題ありません。ただし、見積もり額が低い場合は、安易に売ることなくサイトを成長させて安定的な収益を増やしていく事も選択肢の中に入れる事をおすすめします。