売り手はサイトの引継ぎに時間がかかる

ドメイン移管には最大で三週間程度かかってしまう


管理しているウェブサイトを売却する場合、新たな管理者に引き継ぎにするためにはそれなりの時間がかかります。具体的にどういったものの引き継ぎがどれぐらいかかるのでしょうか。
まず、面倒なのがサイトとともにドメインも引き渡す場合です。サイトの購入者はコンテンツだけではなく、ドメインに魅力を感じていることも多いので、たいていの場合、譲り渡すことを求められるでしょう。
できるだけスムーズに譲渡を行うためには、買い手に対して自分(売り手)と同じドメイン会社のユーザーになってもらうよう、お願いしましょう。違うドメイン会社同士でやりとりをすると移管完了まで一週間から三週間程度かかってしまいますが、同じ会社のユーザー同士でのドメイン移管であれば、もっと短い時間で受け渡しを完了できるからです。

サーバーのアカウントも譲れば譲渡にかかる時間を短くできる


ウェブサイト本体の受け渡しも工夫次第で短くすることが可能です。一般的な譲渡方法として、サイトのファイルをすべて圧縮し、それをオンラインストレージなどを通じて送付するというものが挙げられますが、この方法だと、買い手側がサイトを再構築するまでに時間がかかってしまうというデメリットが発生します。
短時間で買い手側がサイトの運営を始められるようにするためには、サイトが設置されているサーバーのアカウントも譲り渡してしまうといいでしょう。そうすれば、サイトの管理権を引き渡す際、サイトが見られなくなってしまうということも起こらず一石二鳥です。アカウントにクレジットカード情報や住所、氏名といった個人情報を登録している場合は、それらをダミーのものに置き換えてから引き渡すといいでしょう。